name
「トップへ戻る」
「下からお選び下さい」
fbook
Essay エッセイ
いくつかの世界を観ること
Looking at Several Worlds
”風 光 水 地 神 材”
"Wind, Light, Water, Earth, Gods, Materials"

From the 1970s through the 1980s, I lived in a number of different cultural spheres. I visited France, Italy, Africa, South America, the U.S.A., the Near East, and Southeast Asia any number of times, almost always living there for a period. I still travel to many destinations around the world. Including places that I have only visited, I have been to more than 90 countries.

People say that the world is becoming border-less. However, looking at the world from my experience, I have lately come to think that there are great differences between different countries, which are not easy to overcome. Border-less refers to a virtual world created from information obtained via the Internet. This border-less world brought about through the Internet certainly has its attractions. But we should not forget that there are unbridgeable differences between this virtual world and the actual world where we live our bodily lives. They are differences of climate, customs, and race, as well as history, religion and culture.

My trips to seek for exciting and stimulating encounters with people from different cultural background shall never see an end.

1970年代後半から80年代、私は様々な文化圏で生活していた。フランス、イタリア、アフリカ、南米、アメリカ 合衆国、中近東。東南アジア諸国にも幾度となく訪問したが、それらほとんどの地域に、生活するという形で滞在していた。現在に到るまで世界行脚は続いてい るが、更に訪れただけの国を含めると、その数は90数ヶ国に及ぶ。

世界はボーダーレスになりつつあると言われているが、私の経験から世界を観ると、むしろ最近、超え難い大きな差異が各地域、各国間に浮き彫りになってきた ような気がする。ボーダーレスとはインターネットを介した、情報によって作られたヴァーチャルな世界を指す。確かにインターネットで得られるボーダーレス な世界は魅力的であるが、忘れてはいけないのは我々の身体が存在する現実の場を考えると、それらのヴァーチャルな世界が埋め合わせることができない大きな 差異が横たわっている。それらは気候・風土であったり、人種、そしてそれぞれが持つ歴史、宗教、文化といったものが考えられよう。

異文化の人々との刺激的な接触を求める旅は更に続く。

 

Tetsuo Furuichi
古市徹雄